1. HOME
  2. ブログ
  3. 整骨院経営
  4. 整骨院で使用できる医薬品

BLOG

よくある質問・ブログ

整骨院経営

整骨院で使用できる医薬品

整骨院で使用可能な医薬品を紹介します。

2009年施行の改正薬事法で、一般用医薬品は情報提供の必要性の程度によって第1類、第2類、第3類の3種に分けられることになりました。これにより、使用する薬品に危険性が少ない第2類・第3類が業務に伴う程度であれば、整骨院で使用可能な医薬品として認められています。

リスク区分 内容 整骨院で使用可能なもの
第1類 特に注意が必要なものでリスクが高く、副作用等により健康被害が生ずるおそれがある医薬品や使用経験が少ない医薬品。 整骨院では取扱いできません
(例)ロキソニン、リアップなど
第2類 副作用等によって日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生ずるおそれがある医薬品 (例)インドメタシン、フェルビナクが配合された商品など
第3類 日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生ずるおそれがあるわけではないが、多少の注意を必要とするもの。 湿布、軟膏、薬品類
(例)一般的な湿布、メンタームQ、消毒薬など

※一般用医薬品は箱や容器に必ずリスク区分が記載されています。

整骨院では主に第2類・第3類の健康被害の少ない湿布や軟膏、薬品類が使用可能です。患者には皮膚が弱い方などもいらしゃいます。施術に用いる際には厳重な注意が必要です。

また、医薬品対象の湿布や軟膏を販売や授与しますと薬機法(旧薬事法)違反となり処罰の対象となります。ただし、医薬部外品の湿布や軟膏等は販売することができます。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

全柔協ホームページはInternet Explorerに対応していません

5月のリニューアル以来、全柔協ホームページはInternet Explorerには対応しておらず、ダウンロードなどの一部の機能が使用できません。 全ての機能を正常に利用するには、最新版のGoogle Chrome(グーグ...
コメントなし

【報告】9/15山陰地区保険講習会 米子市文化ホール

当日はまず内野理事による柔整関連及び、拡大業務の推奨と運用実務情報。そして林原支部長による保険情報、引き続いて、塚原事務局長による「カルテの道も一歩から」の講習という流れで進行していきました。 今回も、保険講習会に参加し...
コメントなし

【報告】9/15・16 北海道・東北支部会

過去最高の参加人数 福島県・穴原温泉で開催 今年の北海道・東北支部会は80名と過去最高の参加人数になりました。 白江支部長の挨拶では「保険請求において柔整業界が本当に厳しくなっている。そんなときこそ皆さんの知恵を結集し、...
コメントなし