1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔整・鍼灸保険請求
  4. 接骨院の「運動療法料」の定義と算定方法は?

BLOG

よくある質問・ブログ

柔整・鍼灸保険請求

接骨院の「運動療法料」の定義と算定方法は?

労災や交通事故施術の請求をする時、運動療法料の請求ができます。

運動療法料の定義

各種運動器具を20分以上使用した場合に算定できます。

1週間に1回程度、1カ月(暦月)に5回を限度とし、後療時に算定できます

(例)算定可能な日は
3月→7・14・23    4月→1・8・15・22
(注)後療算定時に算定できるので、初検日は算定できません。
ただし、病院から転院されてきた場合は、初検日から後療算定になりますので
3月→2・9・18・25  4月→1・8・15・22
が算定可能な日になります。

部位、回数に関係なく1日360円とし、20分以上運動療法を行うことが条件です

ストレッチを20分以上しても請求はできず、運動器具を使う場合のみに限られます。
省スペースの運動器具となると、ゴムチューブ、ゴムボール、ダンベル、バランスボードなどが運動器具に該当します。

労災や交通事故施術での運動療法の算定だけでなく、ケガの再発防止を目的とした自費プログラムの一環として運動器具を活用してみてはいかがでしょうか。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

プレスリリース)日本最大の業団が主導する医接連携システムが提携医療機関を募集

全国4,000名の柔道整復が所属する全国柔整鍼灸協同組合では、2019年に組合員の施術所と医療機関が連携し、患者に最適な地域医療を提供することを目的とした医接連携システム・「全柔協 チーム医療」をスタートさせました。 現...

柔道整復師 施術管理者研修開催について

柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件のひとつである「柔道整復師 施術管理者研修」(実施:柔道整復研修試験財団)の開催についてお知らせします。 柔道整復師 施術管理者研修は、これから...

【鍼灸柔整新聞】コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」

2020年6月10日号の鍼灸柔整新聞に、全柔協の組合員への新型コロナ支援「会費免除」の記事が掲載されました。 コロナで柔整師団体が支援の動き(鍼灸柔整新聞) コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」 新型...