1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 接骨院の「運動療法料」の定義と算定方法は?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

接骨院の「運動療法料」の定義と算定方法は?

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

労災や交通事故施術の請求をする時、運動療法料の請求ができます。

運動療法料の定義

各種運動器具を20分以上使用した場合に算定できます。

1週間に1回程度、1カ月(暦月)に5回を限度とし、後療時に算定できます

(例)算定可能な日は
3月→7・14・23    4月→1・8・15・22
(注)後療算定時に算定できるので、初検日は算定できません。
ただし、病院から転院されてきた場合は、初検日から後療算定になりますので
3月→2・9・18・25  4月→1・8・15・22
が算定可能な日になります。

部位、回数に関係なく1日360円とし、20分以上運動療法を行うことが条件です

ストレッチを20分以上しても請求はできず、運動器具を使う場合のみに限られます。
省スペースの運動器具となると、ゴムチューブ、ゴムボール、ダンベル、バランスボードなどが運動器具に該当します。

労災や交通事故施術での運動療法の算定だけでなく、ケガの再発防止を目的とした自費プログラムの一環として運動器具を活用してみてはいかがでしょうか。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【2022年11月末発送物同封】一部地域限定でレセコンバージョンアップがあります

今回のバージョンアップCDが送付される対象の方 ・三重県の方 ・鍼灸・マッサージの請求をされている方 バージョンアップCDを11月末発送物に同封しています。添付の手順に従って、必ずレセコンのバージョンアップを行ってくださ...

【明細書発行体制加算】各地方厚生局へ届出・必要な手続き

令和4年10月より柔道整復の施術において、明細書の発行が義務化されます。 これにあわせて「明細書発行体制加算」が創設されましたので、手続きをご案内します。 >> 「明細書発行の義務化」について詳しく見る 目次...

「明細書発行体制加算」の設定を行ってください!

令和4年10月より、明細書の義務化、および明細書発行体制加算の算定が適用されます。 「明細書発行体制加算」の設定を全柔協会員総合システムにて行ってください。 明細書発行体制加算を算定するには「明細書無償交付の実施施術所に...