1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔整・鍼灸保険請求
  4. 勤務する柔整師の雇用・退職時には必ず保健所と厚生局に届出が必要です

BLOG

よくある質問・ブログ

柔整・鍼灸保険請求

勤務する柔整師の雇用・退職時には必ず保健所と厚生局に届出が必要です

書類に記入する手元

施術管理者以外の勤務する柔整師の雇用・退職には、保健所と厚生局に届出が必要です。
雇用(退職)の予定が決まったら、すぐに全柔協までお知らせください。


保健所へ施術所変更届をする(組合員自身で届出)

手続き

  • 勤務(退職)後10日以内に、組合員自身が届出する。

※届出用紙の写しを必ずもらってください

雇用時に必要なもの

雇用の届出を書く柔整師

  • 開設者の印鑑
  • 勤務する柔道整復師の柔道整復師免許証(登録済証明書)の原本と身分証明書(写し)

退職時に必要なもの

  • 開設者の印鑑

※施術所変更届は保健所にあります。HPから印刷できる都道府県もあります。
※届出先の保健所により提出書類・提出部数等が若干異なる場合がありますので必ず問い合わせをして確認してください。


厚生局へ申請をする(全柔協を通じて申請)

手続き

  • 全柔協から申請書類を組合員へ送付 ⇒ 記入押印し全柔協へ返送 ⇒ 全柔協を通じて厚生局へ申請。

雇用時に必要なもの

  • 施術管理者の印鑑
  • 厚生局指定申請書類
  • 保健所の変更届の写し(受理印の押されたもの)
  • 新たに勤務する柔整師の柔道整復師免許証(登録済み証明書)の写しと印鑑
  • 保健所の変更届の写し(受理印の押されたもの)

退職時に必要なもの

  • 施術管理者の印鑑
  • 厚生局指定申請書類
  • 保健所の変更届の写し(受理印の押されたもの)

※厚生局指定申請書類は全柔協からお送りします。

勤務する柔整師の登録日に注意!

勤務する柔整師の厚生局への登録は、原則日にちをさかのぼって登録することができません。
“提出書類が厚生局に到着した日”が登録日になります。
雇用時にうっかり届出を忘れてしまうと、勤務する柔道整復師が施術した分の保険請求ができなくなるうえ、施術管理者になる際に実務経験期間が確認できなくなります。
雇用の予定が決まりましたら、なるべく早く全柔協までお知らせください。

※施術管理者の交代が伴う場合は手続きが異なりますので、3週間以上前までに全柔協へご連絡ください。


今春の国家試験合格者を雇用するとき

今春の国家試験合格者を雇用する際は2つの届出・申請をご確認ください。

従事する施術者として保健所へ届出をする
勤務する柔道整復師として厚生局へ申請する

柔道整復師免許証の登録手続き(新規登録)についての詳細は「免許登録申請について」をご参照ください。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

プレスリリース)日本最大の業団が主導する医接連携システムが提携医療機関を募集

全国4,000名の柔道整復が所属する全国柔整鍼灸協同組合では、2019年に組合員の施術所と医療機関が連携し、患者に最適な地域医療を提供することを目的とした医接連携システム・「全柔協 チーム医療」をスタートさせました。 現...

柔道整復師 施術管理者研修開催について

柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件のひとつである「柔道整復師 施術管理者研修」(実施:柔道整復研修試験財団)の開催についてお知らせします。 柔道整復師 施術管理者研修は、これから...

【鍼灸柔整新聞】コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」

2020年6月10日号の鍼灸柔整新聞に、全柔協の組合員への新型コロナ支援「会費免除」の記事が掲載されました。 コロナで柔整師団体が支援の動き(鍼灸柔整新聞) コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」 新型...