1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. コロナに影響されない接骨院経営

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

コロナに影響されない接骨院経営

「コロナの影響で患者さんが減った」という接骨院は多いのではないでしょうか。
コロナ禍でも患者さんに継続して通ってもらうには工夫が必要です。

いつ「第2波」「第3波」がやってくるかわかりません。
今後の状況に備えて、今できることを行いましょう。

1.予約優先制を導入する

まず、予約優先制を導入しましょう。
コロナの影響が比較的少なかった接骨院は予約を取っていました。
患者さんには「接骨院で一日も早くケガを治す」という目的をきちんと伝えて「〇日に来てくださいね」と予約を取ることが大切です。

>>予約優先制のメリット
>>診察券を使って「予約率UP!」
>>予約優先制に活用できる! 予約表ダウンロード(組合員ひろば)

2.患者さんと直接つながる手段を持つ

予約を取っていてもキャンセルしたり、いつの間にか来院しなくなる患者さんもいます。
そんな時は、直接患者さんにメッセージを送れるDMはがきLINE公式アカウントを使えば、再来院を促せます。

LINE公式アカウントについては全柔協でお答えできかねます。LINEのHPでご確認ください。 >>LINE公式アカウントとは

手書きの「DMはがき」は施術者の想いが届きやすい!

DMを1枚1枚手で書くのはとても大変ですが、このひと手間が患者さんの心を動かし、再来院につながります。

受付で「季節のお便りなどを送っていいですか」と口頭で確認したり、問診票に項目を追加するなどして、DMを送れる環境を作っておきましょう。
>>DMはがきの送り方を見る

「LINE公式アカウント」は手軽に予約もとれる!

患者さんに友だち登録してもらうことで、短縮営業などの時間変更、接骨院のコロナ対策、新メニューのお知らせなどタイムリーな情報を一括送信できます。

また、LINEで予約・予約変更などを気軽に受け付けられ、空いている時間に返信できるので「施術中の電話対応が減った」「新患へのフォローが徹底できる」という嬉しい声もあります。
>>LINE公式アカウントについて詳しく見る

患者さんを待っているだけではダメ!

患者さんが来てくれるのを待っているだけでは、状況は改善しません。
「行動する」ことで成果につながります。

より安定した接骨院経営のために、今すぐ行動しましょう!

 


この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【優先度追加】2020年4月からの柔道整復師 施術管理者研修の申込方法変更について

2020年4月からの柔道整復師 施術管理者研修の申込方法の変更点は、現行の「先着順」から、予約申請された方のお申し込みを一旦受け付けた後、「優先度の高さ」 ※ などを考慮して受講者を決定し、受講のご案内を各申請者に通知す...

【接骨院】マスク着用でも好印象を与えるには?

人は眉と口元の動きを見て感情を読み取っているといわれています。 マスクで口元が隠れてしまうと感情が読み取れず、患者さんは不安や不信感を抱きやすくなります。 患者さんに不安を抱かせないためにも非言語コミュニケーションを活用...

身だしなみ、それでOK? 接骨院の第一印象アップ大作戦

柔整師・鍼灸師の方の中には「何よりも技術が大事。技術があれば患者さんが喜び、また来院してくれる」と考えて、ケガや痛みの改善のために技術の向上を目指し、患者さんのため日々邁進している方が多いのではないでしょうか。 目次1 ...