1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. コロナに影響されない接骨院経営

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

コロナに影響されない接骨院経営

コロナ禍でも患者さんに継続して通ってもらうには、日々の行動の積み重ね が重要です。
コロナで数字がダウンしたなら、接骨院経営を維持するために今すぐ行動しましょう!

基本はコロナ禍であろうとなかろうとやることは同じです。
具体的なことを毎日コツコツできているかが今後の経営状況を左右します。

<最重要>問診・来院指導

問診は、施術者が患者さんの状態を把握するだけでなく、患者さんにケガや体の状態を理解してもらうという目的もあります。
施術者は、患者さんが「言いたいこと」「希望していること」などをしっかり聞き取ることが大切です。

そして、日々の施術で施術効果を共有して信頼関係を築き、「次は、〇日に来てくださいね」具体的な日時を施術者が提案して予約を取ることがポイントです。

>>継続率UP! 問診チェックリスト

予約優先制を導入する

まず、予約優先制を導入しましょう。
コロナの影響が比較的少なかった接骨院は予約を取っていました。
患者さんには「接骨院で一日も早くケガを治す」という施術の必要性をきちんと伝えて「〇日に来てくださいね」と必ず予約を取ることが大切です。

<動画>新型コロナウイルスに負けない接骨院での対策

>>予約優先制のメリット
>>予約優先制に活用できる! 予約表ダウンロード(組合員限定)

患者さんと直接つながる手段を持つ

予約を取っていてもキャンセルしたり、いつの間にか来院しなくなる患者さんもいます。
そんな時は、直接患者さんにメッセージを送れるDMはがきやLINE公式アカウントを使えば、再来院を促せます。

※LINE公式アカウントについては全柔協でお答えできかねます※

「LINE公式アカウント」は手軽に予約もとれる!

患者さんにLINE友だち登録してもらうことで、タイムリーな情報を一括送信できます。

LINE予約・予約変更などを気軽に受け付けられ、空いている時間に返信できる
・予約の空き状況
・短縮営業などの時間変更
・接骨院のコロナ対策
・新メニューのお知らせ
・自費のキャンペーン情報
・健康に関するプチ情報
・ストレッチや体操の動画 or YouTube
など

空いている時間にやりとりできるので「患者さんが戻ってきた」「施術中の電話対応が減った」「新患へのフォローが徹底できる」という嬉しい声もあります。
>>LINE公式アカウントについて詳しく見る

※LINE公式アカウントについては全柔協でお答えできかねます※

手書きの「DMはがき」は施術者の想いが届きやすい!

DMを1枚1枚手で書くのはとても大変ですが、このひと手間が患者さんの心を動かし、再来院につながります。
受付で「季節のお便りなどを送っていいですか」と口頭で確認したり、問診票に項目を追加するなどして、DMを送れる環境を作っておきましょう。
>>DMはがきの送り方を見る

感染症対策していることをアピールする

高齢の患者さんはご自身の判断のほか、家族が接骨院へ行くことを止めていることも多いようです。
患者さんに安心して通院してもらうためには工夫が必要です。

感染症対策を具体的に決めて院内に掲示、さらにHPやブログ、SNSで、新型コロナウイルス感染症対策を徹底していることをアピールしましょう。
>>接骨院HP・ブログ・SNS更新 患者獲得のための5つのコツ

ホームページがなければ作成し、Googleマイビジネス、SNS更新を強化、需要の高い施術をアピール!
>>ホームページ作成(組合員限定)
>>接骨院をGoogleマップに登録しよう

ご自由に感染症対策ポスターのダウンロードができます。
>>接骨院 感染症対策ポスターダウンロード

新型コロナウイルス感染症の影響がいつまで続くかわかりません。
今からでも対策を行って、患者さんの来院控えを防ぎましょう。

患者さんを待っているだけではダメ!

患者さんが来てくれるのを待っているだけでは、状況は改善しません。
「行動する」ことで成果につながります。
より安定した接骨院経営のために、今すぐ行動しましょう!

基本はコロナ禍であろうとなかろうとやることは同じです。
具体的なことを毎日コツコツできているかが今の経営状況に現れています。

 


この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

決済手数料が有料化したあとのQR決済のメリットは?

【質問】大手QR決済の決済手数料が有料化されますが、この先、QR決済を導入するメリットはありますか? 患者に選ばれる理由になる QR決済を含めたキャッシュレス決済は、新型コロナウイルス感染拡大とも相まって急速に広がり、接...

レセプト提出についてのお願い

目次1 レセプトは7日必着2 レセプトの提出先は大阪事務所へ3 発送は荷物の追跡ができるレターパックプラスで!4 レセプト並び替えについて5 お手元のUSBメモリについて レセプトは7日必着 審査会(柔整・鍼灸マ)に間に...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~